エクステリアのご提案

Home » エクステリアのご提案 » TOYO press » アウテリアタイガー様

TOYO Press エクステリアショップ経営のヒント&トピックス

専門店の魅力をたっぷり伝えるWebサイトが主役となる新しい店作り  アウテリアタイガー様

お客様を惹きつけ来店を促す、専門店ならではのWebサイトづくり。「来てよかった」と思わせるサービスとは。

スマートフォンやiPadなどでWeb環境が進化する中、お客様はますます活発にWebを活用されるようになりました。折込チラシの限られた紙面では書ききれなかったことも、ご来店時の限られた時間では伝えきれなかったことも、Webサイトならかなりの情報を掲載することができ、いつでもどこででもお客様のご都合のよいときに、ご覧頂くことができます。
エクステリア専門店の魅力をたっぷりお伝えするWebサイトと、来店されたお客様の期待を裏切らない店作りやプラン提案。Webが主役となる"今"ならではの、"新しい店作り"のお話を伺いました。

代表取締役 倉沢高幸様:“今”の時代にマッチするサービスのあり方を語っていただきました。

「デザインがいいから専門店ではない」

お客様との商談は、どのように進めておられますか?

今のお客様は、Webで調べて店を絞るなど賢く動かれていて、私どものような専門店にも下調べをして来られるようになりました。ハウスメーカーさんにおまかせするのではなく、自分達の要望を直接伝えて、より良いものを作りたいと希望されるお客様が多くなっていると思います。もちろん予算というものもありますので、ご要望のすべてを取り入れる事はできませんが、まずは出来る限りご要望に近い図面を作成して見て頂くようにしています。そこから本当に自分達がしたいと思う事なのかどうかを判断して頂きながら、ご予算にあった、専門店としての+αの提案を取り入れた図面を作っていくようにしています。

商談の際に、気をつけていることはありますか?

お客様は図面を早く見たいと思われているので、できる限りスピーディーに進めるようにしています。ご予算の余裕がどれくらいあるかなど、詳しく最後まで聞かないと図面を出さないというのでは遅すぎると思います。また、若いスタッフに常々「変な駆け引きはするな」と話しています。商談の際に駆け引きがあると、本当の意見が出てこない。予算がこれくらいならこれはできる、これはできない、というふうにはっきり伝えていかないと、最終的にいいものはできませんから。デザインがいいから専門店なのではなくて、お客様の気持ちを大切にして理想に近づけていく、その姿勢があってこそ専門店といえるのではないでしょうか。

「Webサイトでお客様の気持ちをつかむ」

魅力的なWebサイトになっていますね

今もそうですが、今後はさらに、展示場に行く前にWebで調べて来られるお客様が多くなると思います。Webサイトを始めた当初は会社案内だけで、作りっぱなしの上、内容は印刷物と同じものでした。しかし、Webのいいところは、印刷物と違って毎日作り替えていけるので、今日現在の当社を見てもらうことができる。そういうことをしっかりやっていくことがまず基本で、その上でどう集客に結びつけていくのかということを考えています。

Webサイトから入られるお客様はかなりおられますか?

昨年の3月にWebサイトをリニューアルしたのですが、Webからのお問合せや資料請求も増えましたし、実際に来店されるお客様の半数以上はWebをご覧頂いてからご来店くださっているようです。また、Webサイト上で注意しているのは、エクステリアのデザインもそうですが、こちらからの押し付けにならないこと。お客様の好みや考えを中心にして、営業や設計、さらに現場の職人さん、全てのスタッフの知恵を加えていくようにしています。そういうところをWebでもお伝えできればと、施工例のお客様紹介やスタッフ紹介など、色々なコンテンツを用意しています。

アウテリアタイガー様のWebサイト

アウテリアタイガー様のWebサイト。気持ちのいいTOP画面から、センスの良さと丁寧な仕事ぶりがうかがえます。

「『現在』だけでなく『将来』を見据えたプラン作成」

専門店だからこそできる強みは何でしょう?

私どものような専門店に来られるお客様は、デザインはもちろん、価格面でも専門店ならではの提案を期待されています。だから、それにきっちり応えていかないと専門店の地位を落としかねない。当社では、価格面での変な駆け引きをせずに、正々堂々と金額を提示し、見積書も必ずお渡しするようにしています。そうすることで、施工面でも安心して頂けるのではないかと思います。また、お客様へよくお話しすることなのですが、庭づくりを1回で完成させるのではなく、家族構成や家族の年齢など、生活や暮らしの変化に合わせて進化していくべきだと考えています。だから、お客様とじっくり話をしながら現在どうしたいか、将来的にはどうするのかといったことなどもお聞きしてプランを作成するようにしています。専門店としてお客様と長年にわたってお付き合いできるのも強みなのではないかと思います。

店舗に対する思いは?

現在の店舗に改装して3年になりますが、以前は大きな庭を作ったりして、現実離れしているところがありました。今は、商談スペースをリビングに見立ててサンルームはこんな風にあったらいいというように、現実に近い空間を体感して頂けるようにしています。しかしエクステリアは実物を見てもらうにも限界があります。もっとたくさんの施工例を見てもらうために施工写真をギャラリー風に飾ってもいますが、まだ何か足りないのではと考えてしまいます。わざわざ店舗に足を運んでくださったお客様には、本当に来て良かったと満足していただきたいですから。もっと見応えのある展示にするように、色々と考えを巡らせています。

リビングに見立てた商談スペースから見たサンルーム

リビングに見立てた商談スペースから見たサンルーム。お客様が実際に体感できるように工夫されています。

アウテリアタイガー様の「進化」

「Webサイトを有効活用する」

  • 会社の考え方、施工例などの最新情報をすぐに発信することで、お客様の興味を惹く。
  • いろいろなコンテンツを準備し、デザイン性や施工面で安心感を与える。

「専門店の強みを活かす」

  • 変な駆け引きをせず、本意を聞き出すことで、お客様の理想に近いプランを提案できる。
  • お客様のライフスタイルに合った提案を行い、長いお付き合いにつなげる。

Company Profile

アウテリアタイガー株式会社
住所:熊本市平成2丁目1-18
TEL:096-379-6002
FAX:096-379-6003
ホームページ:http://www.outeriortiger.co.jp/

アウテリアタイガー