TOYO Press エクステリアショップ経営のヒント&トピックス

満足と感動を提供する「バリューエンジニアリング」を提唱し、地域密着型を目指すエクステリア&ガーデン専門ショップ。 veex様

地域風土を考慮した提案と、ショップ店の強みを活かした積極的なコミュニケーションで信頼関係を築いていく。

店長 左近健様:ビークス富山店は、2012年4月末にオープン。

「ハウスメーカー様・工務店様とお施主様をつなぐビークスの役割」

さまざまなメーカー様が集まる場所に出店された理由は?

「富山市根塚町」という土地は、住宅メーカー様や水回りメーカー様が集中している点で、一般のお施主様にとって家にまつわる有益な情報を入手できる特別な場所です。その場所に私たちがエクステリア&ガーデン専門店「ビークス」を出店した背景には、当社お取引き先様、ハウスメーカー様、工務店様、販売店様に、お施主様との商談の場所として活用していただきたい、との願いがありました。より多くのお客様に満足いただけるお庭づくりを提案する機会が増えることにもなるため、私たちにとっても意義深いと考えております。

一般のお施主様とのつながりも大切にされているとか?

もちろん、一般のお施主様との接点も大切にしております。そのために、専門のドッグトレーナーを招いての「犬のしつけ教室」をはじめ、ナイトガーデン、アロマトリートメント教室、さらに地域の住民の方と一緒に過ごす夏祭りから各種相談会まで、多彩なイベントを開催しています。毎回多くの参加者で上々の盛り上がりをみせています。今後もさまざまなイベントを企画していきたいと思っています。

「お客様とのこまめな対話から提案の幅を広げる」

お客様への提案時に大事にしていることは?

お庭の相談に来られるお客様には、「こんな庭にしたい」という具体的なプランをお持ちでないケースがよく見られます。そうした方に当社のプランナーがいろいろなご要望をお聞きし、アプローチがあって、ガレージがあって、サンルームがあって、植栽はこのあたりにあって…という具合にお客様の思いを図面化しています。
具体的には、まず予算内で納まるプランをお出しし、その後、「数年後、資金に余裕ができた頃には、こういったカタチも夢ですよね」という感じで、2、3プランをお出しするようにしています。
言葉にすれば簡単に聞こえますが、プロとしてのアドバイスができるかどうかでその価値は大きく変わってきます。たとえば、腐らないように人工木のウッドデッキをご要望の方には、そのまま提案するのではなく、プラスアルファとして屋根付きのスペースを提案することもあります。富山県は雨や雪が多いので、よく晴れた日などは少ない。すると晴れていない日を考慮した方がお客様のためになる場合もあります。北陸を拠点とするお庭のプロとして、お客様の使い勝手はもちろん、地域風土も考えた提案をすることで将来にわたっての満足を追求しています。

商談テーブルの後ろにプレイスペースがある

ゆったりとして居心地のいい店内。お取引き先様とお施主様の商談の場としても活用されています。

「家族の笑顔が溢れるお庭づくり」

お庭づくりのコンセプトについてお聞かせください。

私たちはお庭の提案を通じて、お客様に「バリューエンジニアリング」の提供を心がけています。バリューエンジニアリングとは、お客様が求めている機能を優れたコストパフォーマンスで提供する技術のことです。ビークスではその実現に際して、8つのコンセプトを掲げています。それらは、「整(ととのい)」、「優(ゆう)」、「談(かたらい)」、「光(あかり)」、「遊(あそび)」、「緑(みどり)」、「和(なごみ)」、「銘(めい)」のフレーズに集約されています。これらのコンセプトをもとに、家族の笑顔が溢れるお庭づくりを提案しています。

魅力的なフレーズですね。

8つのフレーズは、お客様に合った個性溢れるエクステリアスタイルの提案のために掲げたコンセプトです。簡単に説明すると、「整(ととのい)」は建物とのデザインの調和を図る整然とした機能性。「優(ゆう)」は、エコを意識した人と地球に優しいエクステリア。「談(かたらい)」は、家族との語らいを大事にするガーデン。「光(あかり)」は、情緒溢れる美しい光で暮らしに感動を与えるライティング設計。「遊(あそび)」は、子ども達やペットが自由に遊べる癒し空間。「緑(みどり)」は人と街と自然がうまくとけ込んだ景観づくり。「和(なごみ)」は、侘び寂びに表現される日本の和の庭。「銘(めい)」は、家族の顔にふさわしい個性的な門周り。提案する際にも、どれか一つというわけではなく、いろいろな組み合わせによって、さまざまなお庭を実現することができます。
先に少し触れましたが、お客様は来店時にはあまり明確なイメージを持っていない方もいらっしゃいます。そうした場合、お客様のご要望をていねいにヒアリングしていくことで、「どういったスタイルのお庭をお考えなのか」についてイメージを固めていきます。

「技術はもちろんマナーのよさが信頼につながる」

技術とマナーの両方を大切にされている。

どんなに良い提案であっても、どんなに良い製品であっても、施工が悪いと意味がありません。お客様には商品を買っていただいているのではなく、施工現場を買っていただいていると思っています。たとえば「veex施工店会」という組織を設けています。そこで、当社の社員の他にもアルミ工事・土木工事・造園工事・ガラス工事の方を対象に、年2回マナー研修を実施し、施工のレベルアップを図る取り組みを行っています。ビークスの職人さんは良い職人だったとお客様から評価をいただければ、自然と当社に仕事の依頼がくるようになります。逆に、どんなに腕がよくても挨拶ができないなど、マナーが悪ければ敬遠されてしまうかもしれません。技術だけでなく、マナーの大切さを社員には徹底することで、お客様に信頼していただけるよう努めています。

お客様へのアピールを含め、今後のビジョンは?

この富山店を出店してまだ半年ほどです。まずは足元を固めていくことが大事だと考えています。ハウスメーカー様や工務店様、販売店様に、お施主様との商談の場として活用いただくことで、「お庭づくりの専門店」としてのビークスをみなさんにもっと知っていただきたい。同時に、地域に密着したスタイルを続けて「信頼されるショップ」として進化させていきたいと考えています。そのために、「家族の笑顔溢れるお庭づくり」を実現するさまざまな情報を広く発信していきます。

veex(ビークス)様の「想像力」

「地域風土を考慮し提案する」

  • お客様の要望だけでなく、気候・風土を考慮することが要望以上の提案を生む。
  • 雪の影響までを想定することで、最適な商品提案・アドバイスができる。

「自分たちの常識がお客様の感動に」

  • 当たり前と思っていることをしっかりすることで、お客様にとっての感動につながる。
  • 小さな仕事でも丁寧にすることで、次の仕事につながり、信頼関係が生まれる。

Company Profile

veex 富山店
住所:富山市根塚町4丁目2番1
TEL:076-491-4128
FAX:076-491-4127
ホームページ:http://www.veex.jp

veex(ビークス)とは、美の象徴"Venus"と"Exterior"の意味を込めて名付けられています。ユーザーニーズに応えるバリューエンジニアリングの提供を通して、「家族の笑顔が溢れるお庭づくり」を提案されています。

UNIT