ランドスケープのご提案

Home » ランドスケープのご提案 » ヒートアイランド現象のお話

エコロジーを考える 第2話:ヒートアイランド現象のお話

TOYO博士

それはヒートアイランド現象というものじゃよ!

ヒートアイランド現象とは、都市部への人口集中や、建物の増加で緑地が減少することにより、都市部に独特な気候が生じ、都市部を中心に著しい気温の上昇が起こる現象なのじゃ。
都市部と郊外を含めた地域について気温の等値線を描くと、洋上に浮かぶ島の形のような高温部が都市部に現れることから、ヒートアイランド現象と呼ばれているのじゃ!
都市部イメージ

原因となっているものは以下の通りじゃ!

  • ●都市の中で消費される多量の燃料、エネルギーによって発生する人工熱
  • ●都市部は高層建築が多く、換気されにくい
  • ●建築物や道路の舗装、植生の減少など地表面の状態の変化
  • ●建物が多いため空の見える割合(天空率)が減り、空へ逃げる赤外線放射量が減る
これらは全て人工による負の遺産じゃ!自治体・企業・個人、みんなで真剣に取り組まなければならん!
この問題、何とかならない? それは保水機能を持った平板を使うことで気温の上昇を抑えることができるよ!

保水機能を持った平板?

平板の保水率を上げて平板内の空隙に水を蓄えることで、表面から水分が蒸発散する気化潜熱冷却効果を利用して、平板表面の温度上昇を抑制することで、快適な都市空間の構築に貢献できるんだよ!

ぼくがいっぱい水を含んで気化潜熱冷却効果を利用するんだ!

ヒートアイランド現象の抑制に…

  • TOYOワンユニオンペイブ 保水タイプTOYOワンユニオンペイブ 保水タイプ
  • エコレイクエコレイク