ランドスケープのご提案

Home » ランドスケープのご提案 » 循環型社会のお話

リサイクルを考える 第1話:循環型社会のお話

どうしてリサイクルが必要なの?

資源保護と環境負担軽減

現代社会では至る所でコンクリート製品が使われ、また作られておる。そのコンクリート製品の原材料となる石灰岩や砂は山や海底から採取したもので、近年それが環境問題になってきたのじゃ。
森林を伐採し、山を削る。海砂の採取で海底の微粒子を巻き上げ海を濁らす。それが森林減少・土壌劣化・生物多様性の減退などに繋がり、一刻も早く解決しなければならない状況に立たされているのじゃ!
山や海からの砂採取による環境問題

廃棄物の減量

大量消費社会が残した「負の遺産」。近年、一般廃棄物の年間排出量は約5,000万トン、産業廃棄物では約4億トンにも上っておる。
年間排出量はここ数年、共に横ばい傾向にはあるものの、環境への負担軽減のためには、廃棄物の発生抑制、再使用、再生利用、利用促進が不可欠なのじゃ!
産業廃棄物・一般廃棄物の年間排出量 リサイクルの大切さが分かったじゃろ!
企業・自治体・個人レベルで協力し合って環境を守らなくてはならん!

時代は循環型社会へ方向を変えつつあるのじゃ!

近年、製造メーカーに義務づける「資源有効利用促進法」や家電製品を対象にした「特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)」、「使用済自動車の再資源化等に関する法律(自動車リサイクル法)」が施行されておる。
社会経済システムにおいても、適正な資源投入、製造、流通、販売、消費、廃棄、再生製造といった物質循環の輪を形成し、より「3つのR(リデュース・リユース・リサイクル)」を促進し、地球資源と環境負担軽減をもっともっと進めなければならんのじゃ!
3つのR(リデュース・リユース・リサイクル)

低環境負荷を表すTOYOの「エコマーク認定商品」と「リサイクル素材」

TOYOではこれまでに、環境保全に適切であると認められる、エコマーク認定商品「スーパーテラ」「KYブリック」「TCブリック」の各シリーズがエコマーク商品認定を取得しています。

リサイクル製品ってあるの? もちろんあるよ!廃棄物を原料に次々と製品化されてるよ!